電子カルテとクラウドの関係について

昔病院などでお医者さんが紙に患者さんの病状などを書いていました。現代では紙のカルテから電子化されたカルテへと変わってきています。普及率はまだまだ少ないですが、紙カルテと電子化されたカルテと両方使っている所もあります。紙のカルテに記録すると問題点が多くありました。一つの病院だけでも患者さんの数は何百人と多く、その一人一人に1枚ずつカルテが用意されます。カルテを探すのにも時間がかかってしまったり、お医者さんが記入した字が読みにくかったり、なんといってもカルテを保管する場所が一番大きな問題でした。紛失に関しても細心の注意を払わなければなりませんでした。カルテを電子化することによって問題点が解決され、データベースに保存したりクラウドサービスを利用する医療機関が増えつつあります。

カルテをクラウドで電子化するとメリットが大きい

患者さんの中には病気がなかなか治らず、紙のカルテも何枚も重なり紛失のリスクも高くなっていましたが、カルテを電子化すると患者さんの個人データからアレルギーの有無や今まで処方された薬のなどのデータを瞬時に探しだし見る事ができます。保管スペースもサーバーと呼ばれる装置に保存されていくため従来のように困ることはありません。検査結果などもオンラインで取り込みそのままカルテへ反映することも可能になっています。手書きの時のように読めない字ではないので医療ミスやトラブルを防ぐこともできますし、会計時にレセプトの間違いもチェックしやすくスムーズに行う事ができます。ただし、医療機関によって様々な機能が付帯していますので、操作に慣れる必要があります。電子機器になる為、停電時は利用できないのが難点ですがクラウドサービスや補助電源で補えば問題はありません。

電子カルテのクラウドサービスを利用してもっと快適に

カルテを電子化する場合は、サーバーと呼ばれる機器の設置が必要となってきます。受付や診療室のパソコンなどの端末からサーバーへアクセスすることでデータを閲覧しています。クラウド型になるとサーバーの代わりにデータを保存してくれるサービスを提供しているデータセンターへアクセスします。バックアップやメンテナンス作業もすべてお任せできるのは医療機関にとってメリットと言えるでしょう。院内以外でも往診していて患者さんの自宅でも場所を選ばず閲覧できるのが大きな特徴です。セキュリティーも万全の対策をとっているので安心です。月々のコストはかかりますが利便性を考えると作業の効率は格段に上がるのが目に見えているし人件費も抑えられるでしょう。カルテを電子化してクラウドを利用するとスピーディに快適になります。

ブラウザで動作するクラウド電子カルテだから、専用のPCやソフトウェアの必要はありません。 メンテナンス費用や更新料は一切かかりません。 CLIPLAはお申込みからご利用開始まで最短30分です! 従来の電子カルテのように、数年ごとに数百万円の更新費用を支払うことなくご利用続けられます。 カルテ画面を開かなくても、患者さんの主訴や医師に伝えたいことなどを直接メモすることができます。 クラウドで管理しながらコストダウンも計れる電子カルテ導入

2018年6月25日