クラウドの電子カルテについての取り組み方

医療の場では欠かせないものに、カルテがあります。患者の情報が詰め込まれている重要な資料です。そんなカルテは、近年電子化が進められています。これは、カルテを電子化することで、探す時間の短縮や無くしてしまうリスクを減らすことができ、診察の経過や情報をデータにして保存していくことで、多くの情報の中から必要なものへすぐにアクセスでき、効率を上げることが出来るのです。さらに物理的な収納スペースも不要になりますし、ネットワークにアクセスできる端末があればどこからでもデータを閲覧できるので、広い医療施設でも便利に使えます。このように電子化したカルテは便利なのですが、導入に踏み切れない理由の一つが費用です。データを保存する為のサーバー機器や保守など、多額の費用が必要になります。そこで注目されているのがクラウド型なのです。

電子カルテをクラウド化することによるメリットとは?

膨大なデータを保存するには、保存する為の機器や、そこにアクセスする為のネットワークの構築が必要になりますが、それを準備するには高額な費用と手間がかかります。その手間や費用を抑えて導入できるのが電子化されたカルテをクラウドに保存する方法です。クラウドとは何かといいますと、データの保存先をインターネット経由で外部のサービスにすることです。サービスを展開している事業者は、保存スペースを提供しているようなイメージです。インターネット環境があれば新たなネットワークを構築する必要はありませんし、データを保存していく為の機器を購入することもありません。サービスを利用するための手続きと手ごろな価格のサービス利用料だけで始めることが出来るというのが、クラウド化する最大のメリットであると言えます。

電子化したカルテはクラウド化で安心な運用を

クラウド型の電子化されたカルテを利用するメリットは費用だけではありません。従来の電子化されたカルテの運用は、自分たちのネットワーク内で運用されており、導入から保守運用、情報セキュリティまで考慮する必要がありました。しかし、クラウド型を利用することで運用上の細かな心配事をする必要性がぐっと減ることになります。インターネットを経由してデータを保存している先であるデータセンターは一般の企業よりもセキュリティ面で強固にされていますし、通信の暗号化やバックアップの状況は医療データに向けたガイドラインが作られていますので、それに準拠して設定されていることがほとんどです。検討している事業者のサイトなどで確認してみてください。大事な情報管理やウイルス対策、機器の保守点検などに時間や人員を割かなくていいというのは、クラウドのサービスをおすすめしたい大きな理由です。

2018年6月25日