電子カルテをクラウド化するメリット

一昔前は医療機関において、患者さんのカルテは紙に記録して保管しておくことが当たり前でしたが、紙で管理するという事はカルテを探すのにも時間がかかりますし、紛失してしまうという問題もありました。しかし、今は電子機器によってカルテをクラウド化する事で様々な無駄を省きスムーズに診療が出来るようになってきているのです。電子カルテを導入する事によって従来の紙のカルテ保管に比べパソコンさえあればデータをまとめ管理することが出来ますので場所をとることがありませんし、受診歴の管理も行うことが出来ますので患者さんのデータを一目で確認することができるのも医師にとっても患者さんにとっても無駄な時間が省かれる為スムーズに受付から会計まで行う事ができるのは大きなメリットとなっています。

電子機器によってカルテをクラウド化する事は業務効率アップに繋がります

従来の紙でのカルテ管理とは違い電子機器によってカルテをクラウド化し管理するということは定期的なメンテナンスや機器の交換等データの管理もしっかりと行っていかなければなりませんが今は多くの企業が様々なソフトを発明し販売している為色々と試したうえでどのようなソフトにするか決めるのがいいと思います。医療機関はどうしても混み合ってしまうことが多い為医師やスタッフの負担はもちろん患者さんも待ち時間が長く通院するのに半日かかることもあるのはかなりの負担にもなってしまっています。しかし、受付から会計まで電子機器によってスムーズに対応できることで時間コストの削減にもつながり、患者さんの待ち時間も大幅に減らすことができるのは医療機関にとってなくてはならない存在になってくると思います。

電子機器のカルテをクラウド化するにあたりのメンテナンスについて

電子機器によってカルテをクラウド化する事は医療機関において業務効率アップにも繋がり多くのメリットがありますが、その分電子機器はどうしてもトラブルが起こってしまったり、システムエラーが発生してしまう場合もあるという事を頭に入れておかなくてはなりません。また、慣れるまでに少し時間がかかる為何かあった時すぐに対応してくれる会社をお勧めします。その為にも信頼できる会社の電子カルテを採用するようにしましょう。また、万が一の事態に備えてアフターフォローサービスがしっかりとしているところ、不具合が起こってしまった際は迅速な対応で処理してくれる会社を選びましょう。患者様の大切なデータを扱う為セキュリティ対策もしっかりと行わなくてはならないため安易に安いからと値段や勢いで決めてしまうのではなく、セキュリティ対策も厳重な管理を行っている会社選びをすることをお勧めします。

2018年6月25日