電子カルテをクラウド化する基本の考え方とは

昨今、紙のカルテをクラウド型の電子カルテにする医院が増えています。まず、カルテを電子化するメリットとして、管理がしやすく業務上のスピードが上がり、コスト削減に繋がるという事が挙げられます。誤字脱字などの記載ミスもなくなり、医師から看護師への伝達ミスも防げます。また、検査結果との互換性や、紹介状や診断書の作成にも役に立ちます。さらにこれをクラウド型にすると、自社にシステム環境を構築する必要がないので、導入コストが抑えられるという利点もあります。クラウド型はサービスに登録し、アカウント作成するだけですぐにでも利用が可能です。課金によりすぐにストレージ拡張もできるので、データが増えた場合にも安心です。また、インターネットを利用するサービスになりますので、社内にいなくてもオンライン環境さえあれば、どこからでも利用が可能です。

電子カルテのクラウド型と院内設置型の比較

電子カルテの種類として、クラウド型と院内設置型があります。クラウド型とはベンダーがサービスを提供するもの、院内設置型は自社にシステムを置いて利用するものです。院内設置型は社内ネットワークを利用するため、外部への情報漏えいやインターネットを介して侵入する脅威へのリスクが軽減されます。また、自社独自のシステムなので、カスタマイズ性にも優れています。しかし、自社にシステム環境を置かねばならない分、導入までのコストや時間がとてもかかります。システムに問題が起こった場合の対処にもやはり時間がかかります。その点クラウド型は、既に構築されているシステムとの契約だけなので、コストも時間も格段に抑えられます。このような理由により、電子カルテをクラウド型で導入する医院が増えているのです。

クラウド型電子カルテの導入のポイント

一概にクラウド型の電子カルテといっても種類は様々です。病院の規模によりサービスの機能も異なってきます。電子カルテを導入し院内作業の効率化を図るには、自社の課題に合わせてどのような電子カルテを選ぶかを考えることが重要です。患者さんの基本情報を管理する受付機能。診察内容を管理するカルテ入力機能。あらかじめ設定しておくだけで診察内容により自動的に算出される会計機能。検査センターなどとの連携を図り一貫化する機器連携機能。患者に合わせた通知事項などを表示させミスを防ぐ表示機能など、一般的に電子カルテに搭載されている機能だけでもこれだけあるのです。パソコンが使える人が現場にいなくても、操作や処理をサポートしてくれるサービスもあります。他システムとの連携に長けているものもあります。自社の課題と向き合い、より効率のよい業務の行えるものを選定していく必要があるでしょう。

2018年6月25日