ダイエットには運動より食生活の改善が欠かせない!

ダイエットをする場合、食事から摂取したカロリーより、運動で消費したカロリーが多ければ、体重が減り体が痩せるという考えが基本です。
厳密に言うとスポーツなどの運動だけでなく、体温調節や内蔵を動かすなど生命を維持するため体で自動的に行われる基礎代謝という活動も含めて1日の全消費カロリーになります。
その日に摂取したカロリーが1日の全消費カロリーより多いと、消費できなかったカロリーが体内に脂肪となって蓄えられ体が太るということになります。
逆に摂取するカロリーより消費するカロリーが多ければ、不足したカロリーを体内に蓄えた脂肪を燃焼することで補うため体が痩せるということになります。
しかし、運動だけで体を痩せさせるというのは非常に難しく、ダイエットには食生活の改善が欠かせません。