今後も生き残る仕事・将来性のある仕事には共通点がある。

AIやRPAなどのIT技術の進歩。
自動運転やDXなどの産業構造の変化と目まぐるしい時代が到来しています。

自動車業界に至っては100年に一度の大変革とまで呼ばれています。

そんな変革期に「生き残る仕事」と「なくなる仕事」が存在します。
一言でいえばロボットに代替される仕事は今後淘汰されるなくなる仕事。

ロボットに代替できない「人間にしかできない仕事」が生き残る仕事と区別できます。

なぜなら、日本は少子高齢化社会に直面し労働力不足に歯止めがかかっていないからです。

つまり、人間の労働力を代替できる手段は遅かれ早かれ必ず必要になるということです。
そこで登場し現在進行形で進歩し続けるのがロボットなどのIT技術・DXをはじめとする産業構造の変化です。

では「人間にしかできない仕事」とは何なのでしょうか?
その共通点は「創造性を活かした“生み出す力”(クリエイティビティ)」

“生み出す”とはここでは労働力を指します。
ロボットやRPAなどの人間ではない代替可能な労働力です。

従って、人間にしかできない仕事は「創造力を必要とする仕事」と断言できます。

特にいいたいのは創造力を活かす仕事に就かなければいずれ淘汰されてしまうということ。
今の非クリエイティブな仕事に就いても将来性は皆無です。