家族経営の会社はやばい?やばいって何がやばいの?

「家族経営」とは簡単にいえば一族が経営する会社のこと。
大株主の半数以上が同族経営となって、親族一同、会社を守る経営のことを指します。

ですので、入社すると驚くのは管理職のほとんどが同じ苗字。
家族経営なので、右も左の同じ苗字、同じ親族で経営されています。

もうお分かりですよね?
そんな親族ばかりだと、何かもめごとが起きれば確実に負けます。

仕事の評価も基本社長の主観。
従業員より親族の方が仕事できなくても待遇は良くなります。

なぜなら、ガバナンスも整っておらず、コンプライアンス意識も低いのでやりたい放題。

また、お家騒動になんかに巻き込まれたら仕事どころではありません。
キャリアアップは期待できず、一生こき使われる運命が待っています。

そんな家族経営の会社に入社する勇気はありますか?
家族経営は避けて、中小企業以上、大企業への転職を目指す方が賢明です。

参考:家族経営の会社が最悪でやばい特徴10選【結論メリットよりデメリットの方が大】