就職観の背景にあるもの

就職観とは、何からつくられているのでしょうか。一般的に就職観は身近な人や生育環境の影響を受けやすいといいます。労働に対してよくない印象を親が子に語っていると、ただ話を聞いていただけの子供でも、労働は嫌なことだと学習するようになります。嫌な気持ちで仕事をしている親が、あからさまにその話を子供にしていると、子供は仕事を嫌なものだと思うようです。就職観も、そういった幼い頃からの環境を受けるものでり、自分の意識とは離れたところで形成されている部分もあります。現代の子の就職観とは、一体どのようなものなのでしょうか。会社の将来をしょって立つべき存在が、会社にとっての若者の位置づけです。若者の就職観を理解することで、若手にとって働きやすい職場環境を作り出すことが可能になります。自分の場所を自力でつくらなければいけない感覚と、自分の能力やスキルが使えるところで働きたいという就職観を持っている若者が、現代は多いと言われています。多くの若者は、終身雇用制度が通用しなくなり、年功序列による評価もなくなった時代に、少年期を過ごしています。安定性を会社に期待することの難しさを実感している世代だからかもしれません。現在の若者の就職観とは、安定して働くことが困難であるという前提のもとに、自分の立ち位置を自分でつくりたいという思いを育ててきていたといえるでしょう。企業サイドも、世代ごとにどんな就職観を持っているかを理解することは大事です。子供の頃にどんな社会的背景の中で育っていたかで、就職観は違います。