歯周病と全身疾患

最近になってようやく歯周病の怖さが認識されてきていますが、まだまだ軽く考えられているのが現状のようです。
歯周病は徐々に、そして静かに進行していき、痛みがないというのが特徴です。
そのため痛みを感じて受診したときにはもう手遅れということが多々あります。
残念ながら、痛みがないと歯医者に行くこともなく、気付いたときには重症になってしまうという非常に怖い病気です。
歯周病は、多くの人が大した病気ではないと考えています。
でも、その考え方は間違っていて、歯周病は歯を失う大きな原因の一つですが、からだ全体にも大きな影響を与えます。
歯のケアをしないと体の他の部分にさまざまな、それも深刻な病気が起こる事が明らかになっています。
ここでその例をいくつかご紹介します。
まず脳ですが、歯周病菌などの細菌感染で血管の内部で炎症が起こると、菌血症になったり、動脈硬化が促進され、脳梗塞を引き起こすリスクが高くなります。
また、動脈硬化により血流が悪くなり歯周病が進むと、歯の周りの歯ぐきや骨が吸収されます。
その結果、噛む力が衰えて脳への刺激が少なくなり、認知症のリスクも高まります。
歯周病になると口の中の細菌が非常に多くなり、肺炎になりやすくなります。
カンジダ菌も多く存在するようになるため、口腔内に入れ歯があるとカンジダ菌が付着し、歯周病菌が増殖し誤嚥性肺炎のリスクも上がります。
さらに、歯周病と糖尿病には相互関係があり、お互いを悪化させる要因となることが最近の研究によって明らかになりました。
歯周病によって発生した炎症性物質プロスタグランチンが、毛細血管に侵入し全身にめぐり、血糖をコントロールするインシュリンの働きを妨げることで糖尿病を悪化させます。
糖尿病により高血糖状態になると、免疫機能が低下し感染症にかかりやすくなります。
そのため、細菌感染症である歯周病にかかるリスクが高まるだけでなく、歯ぐきの血管が痛むことで歯周病を進行させてしまいます。
また、病気ではないのですが、歯周病によって早産や低体重児出産を引き起こすことも最近の研究でわかってきました。
これは、歯周病菌によって炎症物質であるプロスタグランチンが増加すると血管内をめぐり胎盤に付着し、子宮収縮作用のある物質が分泌されるためです。
これらの病気はみな深刻なもので、ほっておくと時には死に至るものもあります。
予防と、早期治療を心がけましょう。