20代にしておきたい17のことを読んだ感想

最近読んだ本は『20代にしておきたい17のこと』です。
20代という何にでもなれそうで何にもなれず、生き方に迷いが生じてばかりの人間に対してのありがたいアドバイスが数多く載っていました。
特に心に残ったのは「顔を覆いたくなるような失敗なくして、目を見張るような成功はつかめない」ということです。
かっこよく見られたいから失敗しないように注意しながら生きてきましたが、失敗しないということは自分の能力の範囲内でできることしかしていないということです。
それでは全然成長できません。どんどん能力を伸ばして今後の成功をつかむため、「失敗くらい平気だ」という精神のもとで何事にも取り組もうと思いました。
【PR】
ランナーズ雑記ブログこちらから